婦木農場の「無添加揉みしそ漬梅」

無添加揉みしそ漬梅

婦木農場の「揉みしそ漬梅」
原材料は「紫蘇・塩・南高梅」だけの無添加梅干し
婦木農場に代々伝わる紫蘇を7月に収穫してすぐに水洗いして、

丁寧に手作業で揉み紫蘇を作ります。
その揉み紫蘇を、和歌山の紀州梅干し専門職人に送って、

無添加のしそ漬梅に仕上げてもらいました。
職業柄年間数多くの揉み紫蘇を見ている梅干し職人から見ても、

味色香り全て最高ランクの婦木農場の揉み紫蘇。
極上のしそ漬梅を作る為に、通常よりもかなり多くの揉み紫蘇を使い、

紀州南高梅の最高ランクの梅干しを漬込みました。
商品化の際にも揉み紫蘇を存分に楽しめるように、たっぷりと入れていますので、

揉み紫蘇もごはんのお供に出来るほか、

刻んで極上の「ゆかりおにぎり」なんかもいい感じです。
もちろん梅干しも皮が薄く果肉のまろやかさが紫蘇の味と香りを引きたてる極上の仕上がりです。
外箱付きなので、贈答用にもお使い頂けます。
たった一つの問題点は、揉み紫蘇を作った量が限らているので、

来年の夏まで作れない、製造分限りの数量限定という事です。

「丹波婦木農場の無添加揉みしそ漬梅」塩分約15%
南高梅500g+揉み紫蘇100g 3,240円税込

※数量限定品:無くなり次第終了します。

6月上旬、有機肥料をたっぷり与えて育てます。

赤紫蘇の畑

6月下旬、梅雨の頃になると日増しに大きくなります。

赤紫蘇の畑

7月上旬、いよいよ収獲間近、葉も力強く茂ります。

赤紫蘇の畑

7月下旬、収穫が一段落し始めても来年に向けての重要な仕事が残っています。

赤紫蘇の畑

10月、来年用の種採りをします。昔からこの方法で繋いできました。

赤紫蘇の畑

収穫した紫蘇で揉み紫蘇を作り、和歌山の梅干し職人に漬込んでもらって完成です。

紫蘇梅干し

丹波 婦木農場 無添加揉みしそ漬梅 梅干し500g+揉み紫蘇100g

無添加揉みしそ漬梅

販売価格:3,240円(税込)

紀州A級南高梅500g+揉み紫蘇100g

塩分約15% 外箱付き

 

 

数量限定:生産量限り

原材料:紀州南高梅、婦木農場産紫蘇
漬け原材料[食塩、紫蘇液(紫蘇、梅酢)]

原材料に記載されている「梅酢」とは、

紀州南高梅を収穫して塩漬けにする際に上がってきた水分の事をいいます。

揉みしそ漬梅外箱